2019.4.14

未分類

【野球肘の原因の99%は肘に無い!!】

箕面にあるまえいけ整骨院に、キャッチボールの時に肘が痛くなるんです!高校野球の選手が来院されました。

以前まえいけ整骨院でお手伝いをしたことのある池田高校の選手だったのですが、

体を調べていくと、少し前に傾いていてほしい骨盤が後ろに傾いてた結果肩や背骨の可動域が小さくなっていて、肘に負担がかかっていました。

 

それ以来骨格の矯正をしながら、骨盤の傾きを作っているインナーマッスルのトレーニングを始めて、2週間目には全く問題なく全力で野球ができていると仰ってくれています。

よくある野球肘の治療では、投球禁止で1~2ヶ月安静にして炎症を取り除いていきますが、

今回のように原因がはっきりと分かり適切な施術をすると、より早くスポーツに復帰できることが多いです。

痛みが無くなれば…

だけでなく、

~~がしたい!など目標のある方は是非一度お近くのあさひ・まえいけ整骨院へ!

写真は池田高校の選手と横井先生です。